昨日はインストラをしている、IAIR(国際統合リハビリテーション協会)の活動をしてきました。

 

スポーツとは関係ないセミナーなのですが、腸腰筋というキーワードが出てきました。

 

腸腰筋といえばスポーツ業界だけでなく、様々な分野で注目されている筋肉なので聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

インナーマッスルと言われる筋肉で注目度が上がってきている筋肉のひとつです。

 

足を持ち上げるときに使う筋肉なのですが、身体の中ではカナリ深い所にある筋肉でそうそう簡単に触れる(感じる)ことはできません。(先日、某TV番組では表層にあるように言ってましたが目では見えない奥深くにあります…)

 

では具体的にどこにあるのかというと…

 

・背骨~股関節(大腰筋)

・骨盤~股関節(腸腰筋)  です。

 

 

昨日のセミナーでは、この大腰筋と腸腰筋が交わるところの癒着を剥がしていく「筋膜リリース」というテクニックを使いました。

 

トレーニングはせずに筋肉の癒着を剥がすだけでも筋肉の出力は上がります。

 

筋肉の出力が上がるどうなるか?

 

足を上げる力は増すのはもちろんですが、片脚で立った時のバランスがよくなったり、両足で立っているだけでも地面に足がしっかりと着いている感覚を実感できたりします。

 

腸腰筋は足の付け根から背骨についている筋肉ですので、下半身だけでなく上半身へ影響し、身体全体が安定しやすくなるのでバランスがよくなるのです。

 

では、それが運動パフォーマンスにどういう影響があるのでしょうか?

 

例えば、接触のあるコンタクトスポーツでは下半身が安定していると他選手と衝突してしまった時に倒されにくくなったり、逆に倒しやすくなります。

 

「当たり負けしない」というやつですね。

 

接触のないスポーツでも下半身が安定することにより、上半身をより自由に使いやすくなります。

 

下半身が安定していないと上半身のブレへと繋がり、同じ動作をできなくなってしまったり、自分が動きたい動作を実現できなかったりします。

 

このように腸腰筋への施術での変化を何点か上げましたが、腸腰筋は沢山の動作に影響しています。

 

腸腰筋がいかに大切な筋肉かお伝えできましたでしょうか?

 

スポーツをする上では軸になってくる筋肉ですが、施術をさせていただいている方を診ていると、日常生活から腸腰筋を動かせていない方が本当に多い印象を受けます。

 

先程もお伝えしたように、腸腰筋は特に奥にあるインナーマッスルなので動かしにくく、鍛えにくい筋肉です。

 

そんな腸腰筋に刺激を入れ、鍛え上げたい方はぜひQualita Naturaleに足を運んでみてください。

 

自分では難しい腸腰筋のトレーニングも一人で行えるように自主トレーニングの提案もさせていただいております。

 

Related Post