スポーツの痛み専門の整体院。整骨院さんとは一味違う動作分析で、スポーツの痛み特有の症状を改善します。旭区、城東区からも自転車圏内です。スポーツをされている学生さんも多数来院されています。

MENU

野球肩

野球肩

野球肩

このような症状や悩みをお持ちではありませんか?

  • 手の指をあまり反らすことができない
  • 身体が固い(柔軟性が低い)
  • 股関節が動きにくい
  • 筋肥大を目的としたトレーニングをしている
  • 腰痛がある
  • 身体が疲れやすい

上記のようなことが、1つ以上当てはまりませんか?

野球肩は安静ではよくなりません。

安静で痛みがおさまったとしても、投球(野球)を再開すると再発してしまうことがほとんどです。

痛めた投げ方から身体が何も変わっていないからです。

痛める前と同じ投げ方をするので、再発するのは当たり前ですよね。

痛み止め、注射、マッサージ、電気治療などは身体は何も変わりません。

野球肩にならないようにするためには、身体の使い方、投げ方を変えていかなければなりません。

野球肘の方はこのようにして改善しました

肘が痛くて全力で投げられませんでした。某プロ野球チームにトレーナーで帯同していた方の整骨院で治療していましたが、改善せずに悩んでおられました。

手、肩甲骨、背骨、股関節の動きが悪くなっていたため、肘に負担がかかる投げ方になっていました。動きが悪くなっている場所を改善するために、内臓(特に胃、肝臓)の調整を中心に行い、腸腰筋を使いやすくすることで体幹から腕への連動性を高めていきました。

およそ1ヵ月で痛みなく投げられるようになり、全力投球まで2ヵ月でした。バッティングの調子も良くなり、「もっと早く来ていたら良かった」と喜ばれていました。

患者様の声

野球肩とは?

投球による肩の障害を総称して「野球肩」と呼んでいます。

「上腕二頭筋腱炎」「ベネット病変」「SLAP損傷」「肩インピンジメント症候群」「棘上筋腱炎」「リトルリーガーズショルダー」などがあります。

「筋や腱の炎症によるもの」「骨や軟骨の病変によるもの」など様々です。

痛みは肩に出ていますが、必ずしも肩が悪いわけではありません。

このホームページを見られている方は病院や整骨院などで治療をされたけど、なかなか改善されずに悩んでいる方だと思います。

肩の痛いところにマッサージや電気治療をして、痛みは改善されましたか?

肩の筋肉を柔らかくして、動きやすい状態にしたはずなのに、痛みは思うように改善されていないことが多いです。

これは肩には痛みの原因がないから、肩にアプローチしても変化がなかったということです。

実際、野球肩の選手をたくさん施術してきましたが、ほとんどの方が肩には原因はなく、肩以外の場所に原因がありました。

野球肩になる3つの原因

  1. 手の動きが悪い
  2. 股関節をうまく使えない
  3. 投球フォームが悪い

「野球肩の原因は『投げすぎ』なので、しばらく安静にして下さい」と診断されませんでしたか?

『投げすぎ』が原因であれば、プロ野球選手は全員が野球肩になっています。

チームメイトも全員が同じように肩を痛めていませんよね。

投げ方が悪いから「肩」に負担がかかってしまっているのです。

手の動きが悪い

「野球肩」になる人は手の動きが悪い人が多いです。

手と肩は関係なさそうに見えるかもしれませんが、人間の身体は動きにくい関節や筋肉があれば、動きやすい場所で補うという習性をもっています。

投げる時に手の動きが悪い分を、肩でサポートしなければいけないのです。

当然、強い球、良く曲がる球、よく落ちる球などを投げようと思うと手首や指を使います。

手首や指が動きにくければ、肩で捻らないといけなかったり、肩に力を入れなければなりません。

そういった肩への負担が1球1球積み重なって、痛みになっているのです。

股関節をうまく使えない

野球をする上では本当に大切なことです。(投げるにしても、打つにしても)

投げる時や打つ時に、片足を上げてタメを作ったり、タイミングを合わせたりしなければいけません。

その時に下半身が不安定だったら、どうでしょう?

上半身に力を連動させることができませんし、タイミングも合わせることができません。

下半身が不安定であれば、上半身を固める必要が出てきますので、背骨や肩甲骨が動きにくくなってしまいます。

投球は全身を使って投げますので、背骨や肩甲骨が動きにくくなってしまうと、肩への負担が増えてしまいます。

それに加えて、投球フォームが安定しないのでコントロールは定まりません。

動きにくい身体でコントロールを定めるために肩を使ってしまいますので、「股関節がうまく使えない」ことが肩を痛める原因になってしまいます。

一流の選手は必ずと言っていい程、股関節が使えています。

投球フォームが悪い

これは当たり前ですね。

「手投げにならないように」「かつぎ投げにならないように」など、理想の投球フォームを調べられている方もおられると思います。

理想の投球フォームを意識して投げることは大切ですが、それで痛みがなくなっているのであれば、このホームページはご覧になっていないでしょう。

「手投げにならないように」「かつぎ投げにならないように」などは、投球の流れの中で起こっている現象の1つであり、そこだけを変えようと思っても、なかなかできないものです。

「肘から上げるように」と意識することも大切ですが、一部分だけを変えようとすると、動きに無理なフェイズができたりして、他の関節や筋肉を傷めてしまうこともあります。

一部分を変えようと意識するのではなくて、「なぜ、肘から上げることができないのか?」「なぜ、手投げになってしまうのか?」投球フォームの流れの中から、そして身体の機能面から、その現象が起こってしまう原因を分析する必要があります。

投球は全身を使って行うものですので、骨盤、背骨、手の動きなど様々な要因が関係します。

当院の「野球肩」に対する施術方法

  1. 肩に負担がいかないように身体の機能面を整える
  2. 柔軟性を上げ、股関節を使えるように運動をお伝えする
  3. 肩に負担のかかりにくい投球フォームを習得してもらう

このように進めていきます。

「どの関節の動きが悪いのか?」「どの筋肉が動きを邪魔しているのか?」など、投球動作のどのタイミングで肩に負担をかえる動きが出ているのかを分析していきます。

1日でも早く肩に負担がかからずに投げられるようになるために、自宅でできる運動をお伝えしています。

一時的に肩の痛みをなくすのが目的ではなく、投球に復帰して肩に痛みが出ないようにすることが大前提です。

痛みをなくすだけでなく、パフォーマンスアップまでサポート致します。

しっかり投げられる身体にしませんか?

安静にしているだけでは再発する可能性が高いことがおわかりいただけたかと思います。

肩を痛めてしまう原因は、必ずあなたの身体の中に潜んでいます。

今まで野球肩の方は「前足を内側につきすぎてしまう」「背骨の捻れが足りない」「つま先に体重が乗りすぎてしまう」など、様々な原因をお持ちでした。

「理想の投球フォーム」というのは、あくまで身体に負担のかかりにくい投げ方というだけで、あなたの身体に当てはまるとは限りません。

プロ野球選手、大リーガーの全員が同じ投げ方(理想の投げ方)ではないでしょう。

それでも速い球、強い球、変化球を投げ、それぞれが結果を出しています。

投球フォームにも人それぞれ特徴があっていいと思います。

あなたの特徴を活かしながら、野球肩を克服しませんか?

初回割引

ご相談お待ちしています。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:30~18:30 [ 土・日・祝日除く ]
施術最終受付 19:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP