スポーツで痛めた腰痛、膝痛などでお悩みの方へ。徹底した動作分析を基に動き方から変えていくスポーツ専門の整体院です。内臓調整、骨格矯正、運動などでお悩みの症状を改善。

MENU

股関節インピンジメント症候群(FAI)

股関節インピンジメント症候群(FAI)

股関節インピンジメント症候群

このような症状や悩みをお持ちではありませんか?

足を上に上げられない

足首が固い

切り返し動作の時に踏ん張ると痛い

ボールに足を伸ばすと痛い

歩いているだけでも痛みがある

膝を内側に動かすことができない

ここ最近増えてきた股関節インピンジメント症候群(FAI)。

おそらく病名がつけられていなかっただけで、以前は変形性股関節症として診断されていたのでしょう。

研究発表も少なく、論文もあまり出ていません。

出ていたとしても、「原因はわからず」というのがほとんどであり、保存療法でも手術療法でも予後(回復)があまりよくありません。

病院や整骨院に通ってもなかなか改善されていない方がほとんどだと思います。

しかし、安心して下さい!

理学療法士として延べ人数約30,000人を施術してきた経験から、「股関節インピンジメント症候群」の方の特徴を理解した上で、施術することができます。

股関節の痛みはこのようにして改善しました

大学生でサッカーの練習をしていたら、股関節の痛みが強くなり、足を伸ばすことができなくなり、走ることにも支障が出るようになっていました。

股関節を深く曲げると痛みが走り、膝を内側に捻っても痛みが出ていました。主な原因としては、背骨と肩甲骨の動きが悪くなっており、身体のバランスを崩したまま動いていることでした。施術としては腎臓の調整、腸腰筋と肩のインナーマッスルの調整を行い、体幹の力が使いやすいように運動を行っていきました。

1週間後にはある程度走れるように回復し、3週間で足を伸ばせるようになりました。

股関節の痛みはこのようにして改善しました

ダンスの練習中にストレッチをしていたら、股関節が痛くなりました。元々身体は硬い方で、無理やりストレッチをやっていたようです。

寝転んで足を上げても痛みがあり、膝を内側に捻っても痛みが強く出ていました。足の指、背骨、骨盤の動きが悪くなっており、お腹の力が入りにくくなっていました。足の骨の調整、腸腰筋の調整を中心に行い、足首を柔らかくする運動、腸腰筋の運動をすることで、痛みは徐々に改善され、股関節を動かしても痛みが出なくなりました。

1週間に1回の通院で、およそ1ヵ月で痛みが徐々に減り始め、3か月で動かしても痛くなくなりました。

股関節インピンジメント症候群とは?

インピンジメント=衝突する、挟まる

股関節は臼蓋(骨盤側)と骨頭(大腿骨側)によって関節が形成されています。

この臼蓋と骨頭がぶつかることを股関節のインピンジメントと言います。

痛み自体は、「骨同士がぶつかっている痛み」と「臼蓋と骨頭の間に筋肉が挟まった痛み」の2種類あります。

なぜ、骨同士がぶつかってしまうかですが、骨盤と股関節の歪みが関係しています。

通常の歪み方と異なる歪み方をしているために骨同士がぶつかりやすい状態を作ってしまっているのです。

どのように歪んでいるのか?

通常の歪み方であれば股関節が外旋(外に開く)すると、骨盤も外側に開きます(アウトフレア)。

股関節が内旋(内に閉じる)すると、骨盤も内側に閉じます(インフレア)。

 

股関節インピンジメント症候群の方はこの歪みが混じってしまっているのです。

股関節が外旋(外に開く)すると、骨盤が内側に閉じています(インフレア)。

股関節が内旋(内に閉じる)すると、骨盤が外側に開いています(アウトフレア)。

この捻れ方によって、骨同士がぶつかりやすい状態を作っているのです。

股関節インピンジメント症候群の3つの原因

  1. 足首が固くなっている
  2. 背骨の動きが悪い
  3. 体幹の筋力が弱い

論文上では原因不明と書かれておりますが、今まで「股関節インピンジメント症候群」の方を施術してきた経験から、この3点は確実に当てはまります。

足首が固くなっている

足首が固いとなぜ身体が歪んでしまうかというと、歩く時に必ず足が地面についていますが、歩くのに必要な関節可動域がなければ、身体が代償運動を起こします。

その代償運動を行う場所が、股関節や骨盤なのです。

股関節インピンジメント症候群の方は、足の指や足根骨(足に小さい骨が多数あります)の動きが悪くなっていることが足首の固さを作り出しています。

背骨の動きが悪い

骨盤と背骨は繋がっていますので、背骨の動きと骨盤の動きは連動します。

背骨の動きは内臓疲労や体幹の筋肉と影響が強く、お腹が固くなっています。

背骨が動かなければ、骨盤も動きにくいので、歩いたり、スポーツをする際に無理な身体の動きになることは想像できるかと思います。

体幹の筋肉は背骨から始まり股関節に付着していますので、背骨が動きにくいということは、体幹の筋肉が使いにくいことになります。

体幹の筋力が弱い

「背骨の動きが悪い」でも記載しましたが、体幹の筋力が弱いと、どこに力を入れて動けばいいのかわかりません。

体幹を上手くつかえないので、背骨、骨盤、股関節の動きをうまく連動させることができなくなるのです。

通常の捻れと異なる捻れになってしまうのは、背骨、骨盤、股関節を自分でコントロールできないからです。

当院の股関節インピンジメント症候群に対する施術方法

  1. 足首、背骨の動きが出るように調整する
  2. 体幹、股関節が使える身体にするために運動をお伝えする

上記2点を中心に行っていきます。

今回挙げた3つの原因が連動して、股関節インピンジメント症候群を作ってしまうわけですが、人によって原因は異なりますので、あなたの身体をしっかりと分析した上で、施術、運動を行っていきます。

ハムストリングスストレッチ

「股関節インピンジメント症候群」は動き方のクセが作り出した痛みですので、多少の時間を要することが予想されます。

自宅でも実践していただけるように運動をお伝えしますので、1日でも早く痛みのない身体に戻れるように一緒に頑張りましょう。

頑固&繰り返す腰痛・膝痛・スポーツ障害

股関節の痛みでお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さる股関節の痛みでお悩みのお客様は病院、整骨院、カイロ、マッサージに通っているのに、症状が改善しなくて「諦めていました」という方が多いです。

通院しているにも関わらず、症状が改善しなかったのは「本当の根本原因に対して施術ができていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれている股関節の痛みは生活習慣にから症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに身体が不調になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP