スポーツで痛めた腰痛、膝痛などでお悩みの方へ。徹底した動作分析を基に動き方から変えていくスポーツ専門の整体院です。内臓調整、骨格矯正、運動などでお悩みの症状を改善。

MENU

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は重たい物を持ったからなるものではありません!

くしゃみをした時に激痛が出た

床から立ち上がろうとしたら腰が痛くなった

下の物を取ろうとしたら、急に痛くなった

布団から起き上がった時に腰が痛くなった

定期的にぎっくり腰になる

ぎっくり腰を繰り返さなくなりました!

ダンスの練習ができなくて困っていたけど、早く復帰できました!

子供の抱っこができるようになりました!

元々腰痛があったけど、それもなくなりました!

ぎっくり腰の方はこのようにして改善しました

子供の世話をしていて、しゃがんで手を伸ばした時に右の腰が痛くなりました。以前にも同じ場面でぎっくり腰になったことがあり、仕事も休めないため、急遽での来院でした。

骨盤(右仙腸関節部)の痛みでした。内臓疲労の影響で背骨の動きが悪くなっていたことと、肩甲骨の動きが悪い状態で動いていたことが原因になっていました。内臓(副腎、肝臓、胃など)の調整、手・肘の調整を行うことで痛みは緩和されました。大腰筋の癒着を剥がし、腹筋を使いやすい状態にすることで、普通に歩いて帰れるようになりました。

1週間で飛んだりできるようになり、3週間で仕事後の痛みも出なくなりました。

ぎっくり腰の方はこのようにして改善しました

椅子に座っていて、立ち上がろうとした時にぎっくり腰になりました。動くのが辛く、孫の抱っこもできず困っておられました。

股関節の動きが悪いことと内臓疲労が原因でぎっくり腰を引き起こしていました。骨格(骨盤、足首、肩)の調整、内臓(肝臓、腎臓、心臓)の調整をすることで腰の痛みは緩和されました。普通に動ける状態ではなかったので、自分でも内臓の調整をできるようにお伝えすることで、2週間で腰の痛みはなくなりました。

再発しないように骨盤回り、肩回りの運動を頑張って下さっています。

ぎっくり腰の特徴

  • 重たい物を持ち上げようとして
  • くしゃみをして
  • ベッドから起き上がろうとして
  • 高いところの物を取るのに手を伸ばして

このような何気ない動作で、ぎっくり腰を発症し、激痛で苦しみます。

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」です。

腰の筋肉が傷ついてしまった状態です。

デスクワークなどの座り仕事が多い人にもなりやすいです。

実は運動学的に真っすぐに立っているよりも座っている時の方が腰への負担が大きいことが研究でわかっています。

ぎっくり腰が急に発症したので、その直前にした動作が原因だと思われがちですが、本当にそうでしょうか?

重たい物を持とうとした時にぎっくり腰になったと思うかもしれませんが、今までもその動作はしていたはずですし、今まではぎっくり腰にならずに動作ができていたと思います。

重たい物を持ったことが原因であれば、その動作をすれば毎回同じようにぎっくり腰になっているはずです。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は「今までの疲労の蓄積」によるものです。

座り方、立ち方、歩き方、食べ物、睡眠、靴など、生活習慣によって蓄積されてきた疲労が限界を超えたのです。

身体の使い方、内臓疲労、食生活などが原因になります。

食事を変えるだけで便秘が解消されたり、内臓疲労を抑えることができます。

普段から重たい物を持ったり、座ることが多かったりするのは、ぎっくり腰になる一つの要因ではあります。

ぎっくり腰になる以前から慢性的に腰痛がある方もおられるでしょうし、痛みは感じていなくても、ほぼ全ての方が腰の筋肉が硬くなっています。

限界直前の状態で、なにかしらの負担を腰にかけた時に、ぎっくり腰になります。

手で何かを持つ仕事をしている方は手や肩の影響が大きいかもしれませんし、営業などでよく歩く方は足の影響が大きいかもしれません。

一つ一つの動作を全身で行っていますので、日常生活の中で腰への負担が大きくなる動作をしていたから、ぎっくり腰になったと言えます。

当院のぎっくり腰に対する施術

  1. 腰の筋肉を柔らかくするため、内臓疲労や関節の動きを整えていく
  2. 腰の負担を少なくするために、運動・身体の使い方をお伝えする

ぎっくり腰の原因になる内臓疲労も生活の中から出ます。

内臓の状態によって、各関節の動き、筋肉の動きを制限されることもありますので、ぎっくり腰に対するアプローチとして内臓状態を整えておくことは重要です。

内臓調整、経絡、頭蓋仙骨療法(オステオパシー、クラニアル)、モビライゼーションなどを行います。

座り方、立ち方、歩き方などの動き方一つで腰に負担がかかります。

日常生活の動作全てがぎっくり腰になりうるので、動き方の改善は必要です。

あなたの身体に合った動き方ができるように運動をお伝えしますので、自宅でも実践していただくことで、早期回復、再発しにくい身体に変えていくことができます。

現代医療では注射、痛み止め、湿布、マッサージ、電気などで一時的に痛みを和らげる方法もありますが、対症療法になりますので、根本原因はなくなりません。

同様にコルセットやサポーターの装着も、自分の身体の機能を使わずにサポートするためのものですので、当院ではあまりオススメはしません。

ぎっくり腰になる癖を改善し、快適な生活を送れるようになりませんか?

頑固&繰り返す腰痛・膝痛・スポーツ障害

ぎっくり腰でお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さるぎっくり腰でお悩みのお客様は、「定期的にぎっくり腰を繰り返している」「ぎっくり腰になる回数が増えた」などでお困りの方が多いです。

ぎっくり腰に何度もなるのは「本当の根本原因がなくなっていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれているぎっくり腰は生活習慣から症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに身体が不調になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP