スポーツで痛めた腰痛、膝痛などでお悩みの方へ。徹底した動作分析を基に動き方から変えていくスポーツ専門の整体院です。内臓調整、骨格矯正、運動などでお悩みの症状を改善。

MENU

ハムストリングス肉離れ

ハムストリングス肉離れ

足首が固くないですか?

ハムストリングス肉離れの特徴と原因

ハムストリングスの膝に近いところ周辺が肉離れになりやすい傾向があります。

※ハムストリングス=半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋を総称した呼び方

これはモモ前の筋肉(大腿四頭筋)を使いやすいことと、足首が固いことに起因しています。

肉離れの好発部位

ハムストリングスは膝を曲げる筋肉で、モモ前の筋肉(大腿四頭筋)は膝を伸ばす筋肉なので、相対する筋肉です。

相対する筋肉はお互いに作用(制御)しながら使われますので、モモ前の筋肉(大腿四頭筋)が硬くなってしまうとハムストリングスも硬くなってしまいます。

硬くなってしまった状態で急激に大きい力を使うことで、筋肉が痛んでしまい肉離れを引き起こしてしまいます。

普段からの身体の使い方が引き起こしてしまっているということです。

足首が固いことの影響はふくらはぎの筋肉(腓腹筋)と関係があります。

腓腹筋は膝と足首の二関節をまたぐ筋肉で、大腿骨(膝より上側の骨)に付着していますので、足首が固いと膝の動きにも影響を及ぼします。

そしてハムストリングスは腓骨と脛骨(膝より下側の骨)に付着していますので、膝の裏で腓腹筋と交差していることになります。

交差しているところで筋肉がくっついてしまい(癒着)、足首から膝にかけての機能が低下してしまいます。

膝の裏で筋肉が動きにくくなっているので、その周辺を動かそうと身体が反応するために、ハムストリングスの膝に近いところ周辺に肉離れが起こりやすくなってしまいます。

ハムストリングス肉離れの改善方法、再発防止

  • 足首の動きを良くする
  • 足の指の動きを良くする
  • 膝の裏の筋肉の癒着を剥がす

上記のようなことは必要になってきます。

根本的には動き方のクセから肉離れは起こってきますので、どのような動き方をしているかを理解しなければ、改善方法、再発防止に繋がりません。

全身のバランスを整えて、肉離れをしたところに負担がいかないような動き方を身に付けていく必要があります。

頑固&繰り返す腰痛・膝痛・スポーツ障害

ハムストリングスの肉離れでお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さるスポーツ障害に悩んでいるお客様は病院、整骨院、カイロ、マッサージに通っているのに、症状が改善しなくて「諦めていました」という方が多いです。

通院しているにも関わらず、症状が改善しなかったのは「本当の根本原因に対して施術ができていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれている症状やスポーツ障害は生活習慣から症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに身体が不調になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP