スポーツで痛めた腰痛、膝痛などでお悩みの方へ。徹底した動作分析を基に動き方から変えていくスポーツ専門の整体院です。内臓調整、骨格矯正、運動などでお悩みの症状を改善。

MENU

腰椎分離症

腰椎分離症

腰椎分離症

上向きに寝転んだ時に腰が浮いていませんか?

私自身の体験談です(サッカー)。私は小学校4年生の時に腰が痛くて、動くのが辛かったので近くの整形外科に行き、レントゲンを撮ってもらいました。

結果は「腰椎分離症」。

運動のし過ぎが原因なので、2年間サッカーをしてはいけないと言われ、絶望でした。サッカースクールのコーチが同じように腰椎分離症になったことがあり相談し、ある鍼灸整骨院にいくと、およそ1~2か月で痛みがなくなり、2年も待たずに復帰できました。症状がなければスポーツをしても問題ありません。一緒に分離症を克服し、1日でも早くスポーツ復帰を目指しましょう!

※分離症の骨の異常は現在も残っていますが、症状はありません。

腰が痛い方はこのようにして改善しました

サッカーをしている中学生で、整形外科でリハビリを受けていましたが、腰の痛みがなかなか改善しないため、来院されました。

立っている姿勢は反り腰で猫背でした。原因は体幹が弱いこと、股関節・骨盤の動きが悪いことでした。体幹を使いやすくするために、腸腰筋の調整、足首・股関節の動きの調整、腸腰筋・ハムストリングスの運動を行いました。少しずつ体幹が使えるようになり、およそ3週間で走れるようになり、6週間でサッカーに復帰できました。

腰の痛みのある方はこのようにして改善しました

サッカーをしている小学生で、スポーツ治療院にて治療を受けていましたが、腰の痛みがなくならないため、来院されました。

ベッドに寝転んでもらうと腰が反っていました。各関節は比較的動きやすいのですが、腰・モモの前の筋肉が硬くなっていました。経絡(胃経、膀胱経)の調整、腸腰筋・ハムストリングスの調整、股関節のストレッチ、お腹・お尻の運動を行いました。4週間で痛みがなくなり、7週間でサッカーに復帰できました。

腰椎分離症とは?

腰椎の椎弓という部分が分離してしまうことを腰椎分離症と言います。

好発年齢は10~15歳の男の子で、それ以降での発症は稀ですが、スポーツ選手では約30~40%が腰椎分離症になっています。しかし、スポーツ選手の場合は、体幹の筋力がついている選手が多いため、痛みを伴っていないケースも多々あります。

ほとんどの場合は子供の頃に発症し、スポーツの動作を繰り返すことによって分離症を引き起こしています。子供の間は骨成熟が不完全なため、椎弓の関節の間が構造的に不安定で脆弱です。そのため、スポーツの動作を繰り返すことで、椎弓部に疲労骨折を引き起こし腰椎が分離します。

腰の状態が酷くなると、分離症だけでなく、腰椎分離すべり症に発展してしまいますので、今すぐにでも対策が必要です。

腰椎分離症の2つの原因

  1. お腹の力(腹筋)が弱い
  2. 腰を反る動作を繰り返し行う

スポーツ動作の繰り返しとお伝えしましたが、どのような動作が原因になっているのか?

それは、腰を反る動作です。というよりは、腰椎分離症になっている方は、腰を反る動作をしなくても、立っているだけで腰を反っています。

腰を反る動作をすることによって、椎弓の間の関節に負荷をかけることになります。上下の椎弓の間の関節同士がテコのようにぶつかり合うことで、椎弓を分離する方向に力が加わります。

椎弓を分離する方向に力が加わる時に、お腹の力(腹筋)が弱いと骨を支えることができなくなります。

その状態で繰り返し腰を反ってしまうと、骨が分離する力に耐えられなくなって、腰椎分離症を引き起こします。スポーツ選手の約30~40%は腰椎分離症があるにも関わらず、症状が出ていないのは、体幹がしっかり働いているから、繰り返す腰の反りにも耐えることができるのです。

腰を反ると、腰椎の骨自体が前方(お腹側)に動く力が働きます。

酷くなると腰椎分離すべり症になると記載しましたが、分離症で骨が不安定になっているところに、更に腰を反る動作を続けていると腰椎が前方にすべってしまうためです。

腰椎分離症に対する当院の施術

  1. 動きにくくなっている関節を調整する
  2. お腹に力を入れられるように運動をお伝えする

大きくは上記2点ですが、動きを出していく中で邪魔をする要素があれば、そちらも調整します。

動きにくくなっている関節を調整する意義は、お腹の力を入りやすくするためであり、腰を反る動作をしても腰への負担を減らすためです。当然スポーツなので、腰を反る場面はたくさんありますが、「腰椎分離症があるから腰を反る動作をしてはいけない」ではスポーツになりません。

より良い状態でスポーツに復帰してもらうためには各関節の可動域は重要です。

お腹に力が入るようにというのは先程も記載しましたが、骨を安定させるためです。これができなければ、一度痛みがなくなったとしても、再発リスクが高くなってしまいます。お腹の力を入れるのは頭を上げる腹筋だと考えられる方が多いかと思いますが、やり方によっては腹部に入らず、腰への負担を大きくしてしまいますので、身体に合わせて運動を指導させていただきます。

自宅でも実践できるようにお伝えしますので、1日でも早い復帰を目指しましょう。

腰椎分離症は諦めてはいけません

病院で「腰椎分離症」だと診断され、私と同じで「大好きなスポーツができない」と心底ショックを受けたかと思います。私みたいに「2年間はサッカー禁止です」「野球は諦めるしかありませんね」と言われた方もいるかもしれません。

しかし、医師にそのように言われた私自身が約1~2か月でサッカーに復帰したという成功事例があります。

この経験に基づいて、どのようにすれば分離症になった人を早期復帰に導けるかを考えました。「使い過ぎなので休んで下さい」は医師でなくても誰にでも簡単に言えます。できるだけ休まずに好きなスポーツをできる身体にすれば問題はありません。

きっとあなたの力になることができますので、是非ご相談下さい。

頑固&繰り返す腰痛・膝痛・スポーツ障害

腰椎分離症でお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さる腰の痛みでお客様は病院、整骨院、カイロ、マッサージに通っているのに、症状が改善しなくて「諦めていました」という方が多いです。

通院しているにも関わらず、症状が改善しなかったのは「本当の根本原因に対して施術ができていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれている腰の痛みは生活習慣によって症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに身体が不調になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP