スポーツの痛み専門の整体院。整骨院さんとは一味違う動作分析で、スポーツの痛み特有の症状を改善します。旭区、城東区からも自転車圏内です。スポーツをされている学生さんも多数来院されています。

MENU

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨の方はこのようにして改善しました

1年前から走っては痛み、休んで痛みがなくなってを繰り返していたマラソンランナーです。休んでも痛みが出る頻度が多くなり、痛みも強くなってきたため来院されました。

しゃがむ動作をしても、片脚で膝を曲げる動作をしても、外脛骨のところに体重がかかっていました。足首と股関節の動きが悪くなっていることと、大腰筋と内転筋、殿筋が使えないことに原因がありました。骨盤(仙腸関節)と股関節の調整を行い、股関節と内転筋の運動を行いました。およそ3週間で股関節を外に開くことができるようになり、体重が外脛骨にかからなくなったため、痛みが改善されました。

体重が足の内側にかかってしまいませんか?

有痛性外脛骨とは?

足の内側の骨(舟状骨)と過剰な骨(外脛骨)との間に炎症が生じたことにより、痛みを引き起こしている状態です。

そして、外脛骨の上を通る筋肉(後脛骨筋)が過剰に働く必要がありますので、筋肉の炎症も同時に起こっています。

外脛骨は過剰な骨ということですが、痛みの有無に関わらず15~20%くらいの方にあると言われています。

過剰な骨であり、全員にあるわけではないので過剰な骨ができる原因があるかと思います。

人間の身体の中で過剰な骨ができる時は、「上にある骨を安定させなければいけない場合」や「動きの中で骨同士がぶつかってしまって、身体がそこに骨が必要だと感じた時」などに身体の反応として作られてしまいます。

新しい骨ができたから良いというわけではなくて、本来不要な場所に骨ができてくるので、関節の動きを邪魔したり、痛みの原因になったりします。

有痛性外脛骨の場合は「上にある骨を安定させなければいけない場合」に当たります。

体重を受ける骨がないくらい内側にかかってしまうため、やむを得ず過剰な骨を作る必要ができてしまったと考えられます。

有痛性外脛骨になる2つの原因

引き起こす原因は主に2つあります。

  1. 捻挫などの外力によって、外脛骨が急激にずれた場合
  2. 日頃のスポーツや歩き方など、日常生活の中から起こった場合

捻挫などの外力によって、外脛骨が急激にずれた場合

大きな外力急激にずれることもあるかもしれませんが、それは捻挫によって「足首の動き」や「歩き方」、「走り方」が変わってしまった結果起こるものです。

筋肉や腱の向きが変わったまま動きていると、骨を正常ではない方向に動かしてしまうことになります。

日頃のスポーツや歩き方など、日常生活の中から起こった場合

こちらの方が断然多いでしょう。

有痛性外脛骨の方の特徴は、体重が足の内側にかかってしまうことです。

歩いている時だけでなく、立っている時、走っている時、スポーツをしている時など、全ての動作において体重が足の内側に落ちてしまいます。

足の内側に体重が落ちる動き方をしていると、前出しました後脛骨筋という筋肉(外脛骨を通る)を常に使ってしまうことになり、特に負担の大きい外脛骨の位置で炎症を起こしてしまいます。

有痛性外脛骨を引き起こす原因は外脛骨に体重がかかり続けてしまうことと、外脛骨を通る後脛骨筋の炎症が起こってしまうことです。

しかし、これは本当は原因ではなく結果です。

外脛骨に体重がかかり続けてしまう原因を見つけなければ、有痛性外脛骨を乗り越えることができません。

その原因は人によって異なりますが、「足の筋肉の問題」であったり、「骨盤の歪み」など、全身の状態を確認する必要があります。

個人個人の原因を見つけなければ、痛みがなくならなかったり、一時的に痛みがなくなったとしても復帰すると再発したりします。

※体重が足の内側に落ちてしまうと、土踏まず(内側縦アーチ)が潰れてしまいますので、偏平足にもなります。

内側縦アーチが潰れてしまっては、地面からの突き上げを吸収できなくなりますので、足が疲れやすくなったり、ペタペタ音を立てて歩いてしまいます。

当院の有痛性外脛骨に対する施術方法

  1. 足部の機能を取り戻し、股関節で支えられるようにする
  2. 内側に体重がかかりすぎないように運動をお伝えする

上記2点を中心に行います。

足は動く時に全体重がかかりますので、使える状態にしておかなければ、有痛性外脛骨だけでなく、他の病気やケガを引き起こす可能性も出てきます。

なぜあなたは体重が内側にかかってしまうのかを分析し、あなたの身体に合わせて施術、運動を実施していきます。

今まで生活してきた中でできた身体の癖ですので、1日動き方を練習しただけでできるものではありません。

身体の使い方から変えることで、痛みの軽減だけでなく、再発予防にも繋がりますので、一緒に頑張りましょう。

「有痛性外脛骨」の痛みから解放されたい方は、是非ご相談下さい。

初回割引

有痛性外脛骨でお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さる有痛性外脛骨でお悩みのお客様は病院、整骨院、カイロ、マッサージに通っているのに、症状が改善しなくて「諦めていました」という方が多いです。

通院しているにも関わらず、症状が改善しなかったのは「本当の根本原因に対して施術ができていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれている有痛性外脛骨は生活習慣によって症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに有痛性外脛骨になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

ご相談お待ちしています。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:30~18:30 [ 土・日・祝日除く ]
施術最終受付 19:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP