スポーツで痛めた腰痛、膝痛などでお悩みの方へ。徹底した動作分析を基に動き方から変えていくスポーツ専門の整体院です。内臓調整、骨格矯正、運動などでお悩みの症状を改善。

MENU

テニス肘(外側上顆炎)

テニス肘(外側上顆炎)

テニス肘

テニス肘なる人は肩、背骨の動きが悪くなっています

何故、テニス肘になってしまうのかですが、それは手や肘でラケットを振っているからです。肩や背骨の動きが悪いと、手や肘をよく使ってしまいます。これは不得意なことはせず、得意なことばかりをしてしまうのと同じで、使いやすいところを使う習性があるからです。手の振り方を変える、サポーターを付けるのは根本改善にはなりません。上手く使えていない肩や背骨の動きを改善することで、肘への負担を減らすことができます。

テニス肘を改善する方法

肩や背骨の動きを改善するために、内臓の調整、関節の歪みの調整、骨盤の調整などを行います。身体は全身が筋肉や関節で繋がっているため、肩や背骨に施術するだけでは動きの改善にならない場合があります。あなたの肩や背骨が動きやすくなるためには何が必要かを判断した上で、身体を調整していきます。

そして、実際にラケットを振る動作に繋がらなければいけませんので、肘に負担がかかりにくいラケットの振り方ができるように、体幹や肩甲骨周りの運動を行います。

テニス肘の方はこのようにして改善しました

テニスをすると次の日から肘が痛くなることが続いており、なかなか良くならないのでサポーターをしてテニスを続けていました。連日の練習や試合が重なると2日目には激痛で思ったようにプレーができていませんでした。

身体の検査をしていると、手の動きが悪く、肩回りの動きの悪さと、背骨の捻れの悪さが原因で肘に負担がかかっていました。左の腎臓の疲労を取り除き、経絡(胃経と小腸経)の調整を行うことで、骨盤、背骨の動きが出るようになりました。セルフケアとして、肩のインナーマッスルの調整、内転筋の運動を行うことで体幹から肩への連動性を高めることで、肘の痛みが改善していきました。

このような症状や悩みをお持ちではありませんか?

サーブを打つ時に肘が痛い

肘が痛くて、ストロークを続けられない

痛みを我慢しながら続けているが、全力でできない

ボールを打つのが怖くて、テニスを休んでいる

テニスはしてないんだけど、テニス肘と診断された

肘の痛みがなくなって、思いっきりプレーできるようになりました!

ボールを打つのが恐くなくなりました!

テニスを休まなくてよくなって嬉しいです!

テニスをした後の肘の痛みがなくなりました!

テニス肘とは

ストロークやサーブなどを繰り返し行うことによって、肘が痛くなるスポーツ障害です。

テニス肘は肘の外側になることが多いですが、内側になる場合もあります。

 

バックハンドストロークで痛める方は肘の外側を痛めやすいです。(外側上顆炎)

フォアハンドストロークで痛める方は肘の内側を痛めやすいです。(内側上顆炎)

サーブにおいても、プロネーション(回内ー腕を内に捻る動作)が入りますので、肘の外側への負担は大きいです。

痛める場所は内側と外側で異なりますが、痛め方は基本的に同じです。

ボールを打つインパクトの時に手首を動かす筋肉を繰り返し使い過ぎることで、手首の筋肉の肘の付着部が微小断裂や損傷を起こして、発生しているものです。

バックハンドを打つ時と、フォアハンドで打つ時に使う筋肉が異なる為、痛める場所が内側と外側になります。

テニスをしていなくても「テニス肘」と診断されることが多々ありますが、手首や指の使い方によって筋肉の付着部である肘を痛めてしまいます。

身体の使い方によって、誰にでもどこにでも痛みは現れるということですね。

テニス肘になる2つの原因

  1. 手首、肩の関節の動きが悪い
  2. 肩甲骨、背骨、骨盤が上手く使えない

テニス肘の原因は「手首を動かす筋肉の使い過ぎ」と書かれていることが多いですが、実際は手首を動かす筋肉を使ってしまう身体の状態が本当の原因です。

「手首を動かす筋肉の使い過ぎ」が原因であれば、この筋肉をほぐすだけで痛みがなくなるはずですが、打ち方(身体の使い方)が変わらなければ、痛みは再発してしまいます。

このホームページを見られている方は、病院や整骨院でなんらかの治療しているが、なかなか痛みが改善せずに悩んでいる方だと思いますので、ご理解いただけるかと思います。

私が原因として挙げていることは、「なぜ手首を動かす筋肉を使い過ぎてしまうのか?」を考えています。

手首や肩の関節の動きが悪い

人間の身体は使いにくい関節や筋肉があると、得意なところで代償して身体を動かします。

手首や肩の動きが悪いと、ボールを打つ時に手首の筋肉を使ってしまうのです。

身体全体で打たなければいけないテニスで、手首の筋肉ばかり使っていたら痛めてしまうのです。

肩甲骨、背骨、骨盤が上手く使えない

これも先程お伝えした、「得意なところで代償する」に当たります。

フォアハンドの体勢は身体全体を使って打ちやすいですが、バックハンドは身体を捻ったり、腕を身体の反対側に動かさなければいけません。

バックハンドはフォアハンドに比べて、身体全体を使えなければ手首に負担がかかりやすい体勢であるため、手首の筋肉を過度に使ってしまうため、肘の外側を痛めやすいのです。

当院の「テニス肘」に対する施術方法

  1. 手首、肩の関節可動域が広がるように、身体を整える
  2. 身体全体を使えるように、肩甲骨、背骨、骨盤などの運動をお伝えする

テニス肘になってしまった、本当の原因から変えていきます。

関節の可動域はテニスの時だけでなく、日常生活でも大切です。

自宅で実践していただけるように運動をお伝えしますので、1日も早くテニスに復帰できるようにサポートさせていただきます。

身体の使い方から変えることで、早期復帰、再発予防に繋がりますし、無理な打ち方ではなくなりますので、パフォーマンスアップも期待できます。

この機会に是非、当院へご相談下さい。

頑固&繰り返す腰痛・膝痛・スポーツ障害

テニス肘でお悩みの方へ

初めまして、院長の中野充容です。

当院にご来院下さるテニス肘で悩んでいるお客様は病院、整骨院、カイロ、マッサージに通っているのに、症状が改善しなくて「諦めていました」という方が多いです。

通院しているにも関わらず、症状が改善しなかったのは「本当の根本原因に対して施術ができていない」からです。

当院では、「本当の根本原因」を見つけることを最優先に考えています。そのため、通院していただいている90%以上の方が1~2か月で悩んでいる症状が改善しています。これは根本原因である「身体の癖」に対して必要な整体・運動を行っているからです。

「私と一緒に痛みなく動ける身体を取り戻しましょう」

皆さんが悩まれているテニス肘は生活習慣によって症状が出ていることがほとんどです。「飲食物」「嗜好品」「ストレス」等だけでなく、「姿勢」「歩き方」「スマホ」など、生活におけること全てを含みます。

生活の中のどこに身体が不調になる原因があるかを分析し、根本原因に対して、整体・運動を行います。根本原因がなくなれば、症状がなくなるだけでなく、再発しにくい身体を手に入れることができます。

痛みを気にせず全力で動けるようになってほしい。自分の満足できるパフォーマンスを発揮できるようになってほしい。その一心で患者様に接しています。

「本当に改善するか心配だけど・・・後悔したくない。」不安をお持ちの方はスポーツ整体院Qualita Naturaleに一度ご相談下さい。

私と一緒に頑張ってみませんか?あなたのお役に立てるご縁を頂けることを切に願っています。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP