スポーツの痛み専門の整体院。整骨院さんとは一味違う動作分析で、スポーツの痛み特有の症状を改善します。旭区、城東区からも自転車圏内です。スポーツをされている学生さんも多数来院されています。

MENU

テニス肘、ゴルフ肘(外側上顆炎)

テニス肘、ゴルフ肘(外側上顆炎)

テニス肘

テニス肘の治療は手や肘の周囲だけをほぐせばいいわけではないことを知っていますか?手首と肘をよく使っているので、腕の筋肉が硬くなっています。「なぜ、あなたのテニス肘は改善しないのか」「なぜ、あなたはテニス肘になったのか」を考え、どのようにすれば、テニス肘が改善していくのかをみていきましょう。

テニス肘の方はこのようにして改善しました

テニスをすると次の日から肘が痛くなることが続いており、なかなか良くならないのでサポーターをしてテニスを続けていました。連日の練習や試合が重なると2日目には激痛で思ったようにプレーができていませんでした。

身体の検査をしていると、手の指・肩回りの動きが悪く、背骨の捻れの悪さが原因で肘に負担がかかっていました。左の腎臓の疲労を取り除き、経絡(胃経と小腸経)の調整を行うことで、骨盤、背骨の動きが出るようになりました。セルフケアとして、肩のインナーマッスルの調整、内転筋の運動を行うことで体幹から肩への連動性を高めることで、肘の痛みが改善していきました。

ゴルフ肘の方はこのようにして改善しました

痛みを我慢しながら練習を続けていると、ゴルフクラブを握るだけでも左肘の外側が痛くなり、練習ができなくなったため来院されました。レッスンでは身体全体でフォロースルーするように言われていました。

検査では、背骨の捻れが左側より右側の方が動きにくくなっており、全身の筋肉が硬く、手の捻れ、股関節、足首の動きが悪くなっていました。そして、二の腕の裏側の筋肉が弱くなっていました。これらを改善するために、首の調整、わき腹の筋肉と二の腕の筋膜リリース、内臓(胃、心臓、脾臓)の調整を行い、二の腕の裏側の運動を行うことで、ゴルフクラブを握れるようになりました。

テニス肘(外側上顆炎)とは

テニス肘(外側上顆炎)は、手首を甲側に動かしながら使うことによって、肘の外側が痛くなります。肘の外側が痛くなる理由は、手首を甲側に動かす筋肉が肘の外側に付着しているからです。手首を甲側に動かすことを頻繁に行うことでテニス肘になりますので、テニスをしている方だけでなく、ゴルフをしている方、スポーツをしていなくてもデスクワークでパソコンをよく使う方、スマホをよく使う方にも多いです。

テニスの場合

バックハンドストロークでは手首をての甲側に動かしながらボールを打つため、肘の外側を痛めやすく、フォアハンドストロークでは手首を手の平側に動かしながらボールを打つため、肘の内側を痛めやすいです。テニスは左右非対称な動きであり、ラケットの振り方によって、手や身体の使い方が変わるために、痛める場所が異なります。

ゴルフの場合

ゴルフでは右利きの場合は、左肘の外側を痛めることが多いです。それは、スイングに入る前に左手首を甲側に動かしながら後ろに振りかぶるためです。

このような症状や悩みをお持ちではありませんか?

手を握るだけでも肘が痛い

テニスをした次の日に痛みが出る

ゴルフのクラブを握るだけでも肘が痛い

バレーのアンダートスの形で痛みが出る

テニス肘になる三大特徴と原因

  1. 足が不安定になっている
  2. 二の腕の筋肉が使えていない
  3. スマホやパソコンを使いすぎている

1、足が不安定になっている

足が不安定になっていると、上半身の筋肉を固めて動くことになります。ラケットを振る時・クラブをスイングする時に上半身が固まっていたら、背骨や肩回りの動きが悪くなりますので、手首で無理やりラケットを振ったり、クラブをスイングすることになります。足が不安定なことも手首を使いすぎる一つの原因になります。

2、二の腕の筋肉が弱くなっている

当院にテニス肘で来院される方は、二の腕の裏側の筋肉が細くなっている方が非常に多いです。ラケットを振る動作は全身を使う動きですので、どこかが使えていないというのは問題です。特に腕の一部ですので、バックハンドで打つ際に使えないというのは、手首への負担が大きくなる原因になります。

3、スマホやパソコンを使いすぎている

スマホやパソコンの使いすぎは、手首を甲側に動かしながら使うという面でも原因になりますが、他にもテニス肘を引き起こす要素があります。それは「目の疲れ」と「姿勢」です。目が疲れると、首や肩の筋肉を硬くしてしまいます。首の筋肉が硬くなるということは、背骨の動きが悪くなります。肩の筋肉が硬くなるということは肩や肩甲骨の動きが悪くなります。ラケットを振る動作では、背骨を捻る動き、肩を動かす動きが入っていますので、背骨と肩の動きが悪くなると、手首への負担が大きくなります。

テニス肘は〇〇が原因とかではなく、手首への負担が増える影響があるものは全て原因になりえます。

スポーツ整体によるテニス肘、ゴルフ肘の改善方法

手首を甲側に動かしてしまう原因を分析して、外側上顆への負担を減らすようにしていきます。テニス肘になる方は、手や肘にだけ問題があるわけではなく、肩や背骨、骨盤など動きにも問題があることがほとんどです。肩や背骨の動きが悪いのを、手首や肘でかばって生活、あるいは、テニスやゴルフをしています。手首や肘でかばって使ってきた結果として、テニス肘になっていますので、動きの悪い関節や筋肉を整えることがテニス肘を改善する近道になります。関節の動き、筋肉の状態、内臓の状態などを検査し、肘の負担になっている原因を分析した上で施術を行い、外側上顆の負担を減らす動き方をできるように運動を行います。あなたの身体に合わせてテニス肘の根本原因をなくしていきます。

病院、整骨院でのテニス肘、ゴルフ肘の治療方法

病院では肘に炎症が起こっているものとして、湿布や痛み止めなどの消炎鎮痛薬を処方され、痛みがなくなるまで安静にするように指示されます。痛みが特に強い場合には、炎症を抑えるためにステロイド注射を打つ場合もあります。少しでも肘の負担を減らそうとしてサポーター(エルボーバンド)の装着を進められることもあります。

整骨院では電気と施術による治療を行います。電気治療は痛めている外側上顆付近に電気を流し、炎症を抑えようとします。施術では、外側上顆付近を中心に、手や腕のマッサージやストレッチを行います。

病院も整骨院も炎症を抑えること、外側上顆付近の硬くなった筋肉をほぐす治療は行いますが、根本原因に対する治療にはなっていません。

初回割引

ご相談お待ちしています。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:30~18:30 [ 土・日・祝日除く ]
施術最終受付 19:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter


PAGETOP