整体院や整骨院に通院していて、整形外科の受診を勧められたことはありますか?

 

先日、親族の集まりがあり、その時におじさんに「腕が上がらないからみてほしい」と言われ、身体の状態をチェックしました。

思っていた以上に腕が上がらず、肘が肩の高さくらいまでしか上がりませんでした。

腕が上がらない原因はたくさんあるとして、身体を評価していて明らかにおかしなところがありました(‘_’)

 

それは上腕部の筋緊張が落ちてしまっているのです。

緊張が落ちるというのは、筋肉の張りがない状態で、神経の影響で筋肉が使えなくなっている状態です。

筋萎縮とは異なりますが、結果的に筋萎縮につながります。

 

上腕部の筋肉なので首の神経の影響だとは考えますが、首に施術をしていくためにはリスクの関係上、画像での診断がほしい状態です。

初めは「ただの五十肩なら病院に行きたくない」と言っていましたが、「そういう症状があるかもしれないのであれば行っとこうかな」と受け入れて下さいました。

 

腕が上がりにくい原因は首の影響だけではないので、他の部分で調整できる部分はあるので、施術はしてみました。

動きやすさと、初めよりは上がりやすくなっているのはその場で実感していました。

 

帰ってからお礼の連絡を下さって、「車に乗る時のシートベルトするのがマシやった」と教えていただけて嬉しかったです(^○^)

家でできる簡単なケアも伝えているので、実行してもらえれば、まだまだ回復するだろうなぁと思います。

 

症状は首の神経によって出ているであろう症状と、首の神経以外によって出ている症状に分けられます。

首の神経以外によって出ている症状は首に関係なく改善することが可能ですので、調整するだけでも何かしらの変化を起こすことは可能なんです。

 

整体院って、「どんな症状でも何でも改善させますよ」的な雰囲気を醸し出している印象があるかもしれませんが(当院もそう思われているかも?)、お客様のリスク管理の方が当然大切です。

当院ではそんな場合は病院での診察をオススメします。

 

状態によっては手術が必要な場合もありますし、ドクターの管理が必要な場合もあります。

病院の方がよい部分は病院で、整体院の方が良い部分は整体院でという提案ができるようにしています。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

Related Post