看護師であり、予防医学を世に広める活動をしている鷲山美紀さんがご来院して下さいました。

久しぶりに来られましたが、身体の状態が変わっていましたね!

いい方向にです(^^)/

 

前は施術前は腕が真上まで上がらなかったんですが、今回は施術前なのに腕が真上まで上がっていました。

自分のこだわりのトレーニング以外は全て当院で指導したトレーニング(運動)を毎日続けて下さっています。

たまーに指導したトレーニングのやり方を変えてしまって失敗することもありますが、私の見本の動画を撮って研究しながらやって下さっています。

 

腕が上がるようになっているだけでなく、肩回りの不要なアウターマッスルも減って、更に更に足が細くなっているではありませんか!!

これは女性には必見ですね(^^♪

 

使う筋肉を変えるだけで足も細くなるのですが、使う筋肉によっては太くなってしまうんです。

これは私自身(男です)も体感していますが、同じ生活をしていても、生活の中でのちょっとした動き方を意識するだけで、変化が出てきます。

実際、以前普通に履いていたズボンがスカスカになってしまいました。

 

足が細ければいいというわけではありませんが、スタイルのいい脚は必要な筋肉がしっかりとついているから綺麗に見えるんです。

そういう身体の方が動きとしても理想に近いと言えますね。

 

話を戻しますが、本来アウターマッスルばかりトレーニングしていた鷲山さんですが、どんどん身体は変わっております。

 

他にも色々と身体に変化がありまして、「膝の痛みが出なくなってるよ」とか、「腰の痛みも出なくなってるよ」とか、嬉しい変化がたくさんありました。

 

実際、私が施術する前にボディカウンセリングをしていても、腰の硬さは以前より柔らかくなっています。

でも、背骨の近くはまだ固めてしまっていたので、まだまだ改善の余地はあります。

 

どんなトレーニングをしていたかというと、ほとんどが股関節・脊柱・肩甲骨を動かすためのトレーニングです。

 

元々、ボディービルをされていたのでアウターマッスルばかりを鍛えていたので、股関節、脊柱が特に動きにくく、どんなトレーニングもアウターマッスルに入りやすくなっていました。

それを身体を使う場所の意識や使い方を意識してもらっていたので、インナーマッスルへ刺激が入りやすくなったため、身体の変化が出やすくなってきているのですね。

 

例えばですが、腕立て伏せのトレーニングなんかもよくやっていましたが、意識をする場所を変えてもらいました。

どこに意識をしてトレーニングをしてもらったかというと、小指球側に体重がかかるようにしてもらいました。

これは腕から体幹までの筋肉を連鎖的に使えるようにするためです。

これを普通通りに母指球側に体重をかけてやってしまうと、大胸筋のトレーニングには良いですが、体幹までは連鎖しにくいのです。

 

同じトレーニングでもどういう風に使った方がいいのかを考えると、意識しなければいけないところが変わってきます。

あとは、やっぱり「継続は力なり」ですね(^◇^)

筋肉は1日ではつきませんし、生活や身体のクセも1日だけではつきませんからね。

 

今回の施術・トレーニングで肩が動くようになったことを書こうと思ったのですが、トレーニングを続けて下さった身体の変化を皆様に共有したくなったので、今回はこんな内容になりました。

次回は当日の変化について書いていこう思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^_^*)

 

 

Related Post