整体は「無資格だから、身体のことを何も知らない」「素人と同じだから、病院の方がいい」「誰でもできるから、どんな人がやってるかわからない」などと言うようなことが書かれている記事がありますが、これは本当なのでしょうか?なぜ整体院という名の治療院があるのか?本当に危険なのかを考えていきます。

  1. 整体院は無資格でもできます
  2. 整体院には国家資格を持っている人もいます
  3. 開業が認められていない資格もあります
  4. 整体は自費診療なので、効果が求められます
  5. 整体は危険というより、安全で効果高い
  6. 整体院を選ぶ基準

整体院は無資格でもできます

整体院をするためには、特に資格は必要ありません。全くの無資格でもできますし、民間の資格を持っていてもできますし、国家資格を持っていてもできます。整体院は誰にでもできます。全く医療の勉強をしていない方でも、申請さえすれば、整体師と名乗ることができます。

整体院には国家資格を持っている人もいます

整体院は無資格でもできますが、実際のところは、何かしらの医療系の資格を持っている方が多いです。最近では、理学療法士、作業療法士などの国家資格を持っている方も増えてきています。驚きですが、医師免許を持たれている方も中にはいます。民間資格ですが、カイロプラクティックの資格を持たれている方なども整体院として開業されている方もおられます。

開業が認められていない資格もあります

理学療法士や作業療法士などの資格は開業権は認められていません。理学療法士や作業療法士は医師の指示の下でリハビリを行った場合において、保険診療を行うことができます。整体院には医師はいませんので、保険請求もできません。

整体は自費診療なので、効果が求められます

整体院は保険請求ができないので、全ての行為が自費診療になります。自費診療ということは、皆さんもご存知の通り、高いということです。病院であれば、保険を使って3割負担や1割負担ということで、国が残りを負担してくれますが、整体院ではお客様が10割負担ということになります。支払う金額は高くなります。

支払う金額が高くなれば、何を求められるかというと、当然ですが効果です。あなたの悩んでいる症状を必ず取らなければいけません。支払っている金額と効果が合わなければ、通いませんよね。整体院ではそれだけの効果が出せなければ、お客様は来なくなるのです。

病院はどうでしょうか?ほとんどの方が1割負担、3割負担ですので、金額は安くて済みます。安くて身体が良くなるのが一番いいことです。病院のリハビリで治るのであれば、それでいいと思います。でも、病院で治らなかった場合、どうしますか?他の病院にいくかもしれませんね。それでも治らなかったら?

整体院には病院や整骨院で症状が改善しなかった方が来られることが多いです。皆さん高いのは承知の上で、症状を改善したい時に整体院を探します。初めから整体院を探す人は、あまりいないと思いますが、高いお金を支払うということはそれなりの覚悟で探していると思います。それに対して、必ず結果で応えなければいけないのが、整体院です。

整体は危険というより、安全で効果が高い

整体院は無資格でやっているから危ないなどと書かれていることもありますが、必ずしもそうではありません。本当に無資格で整体院をしていて、マッサージのようなことしかしていない場合は危険かもしれませんが、整体院と名乗っている以上は、本当に症状を改善したいと思っているところがほとんどです。

ちゃんとした国家資格を持っている病院や整骨院で症状が改善しなかった人が行く場所が危険だと思いますか?10割負担してまで、危険な場所に行く人がいるでしょうか?

病院や整骨院で症状が改善しなかった人の症状が改善するということは、安全でかつ効果が高くなければ、いけないと思います。整体師は自分を守るものがありません。何かあると訴訟を起こされることもありますので、危険なことはできないのです。

整体院を選ぶ基準

整体院は高いし、失敗したくないというのが当たり前の意見だと思いますが、整体院選びで失敗しないために見ておいた方が良いことをお伝えします。

それはスタッフプロフィールの「資格」です。

資格に「理学療法士」や「作業療法士」と書かれている場合は、おそらく効果の高い施術をしてくれると思います。その理由は、理学療法士や作業療法士は本来であれば、守られた病院の中で勤務しています。理学療法士や作業療法士は病院のリハビリでしっかりと結果を出してきた人以外は開業しません。今までの経験上で、これは間違いありません。

あとは、柔道整復師や鍼灸師なのに整体院として開業している場合も効果が高い施術をしてくれる可能性が高いです。柔道整復師や鍼灸師は保険を使うことができるので、「〇〇整骨院」「〇〇鍼灸院」で開業しているはずですが、保険の使えない整体院として開業している場合は、効果で勝負していることが考えられます。

整体院なのに、これらの資格が書いていない場合はマッサージ、ストレッチしかしてくれない可能性がありますので、もしかしたら選ばない方がいいかもしれません。

Related Post

コメント受付中です。

気軽にコメントして下さい。

Powered by Facebook Comments