大阪市都島区でスポーツ障害、腰痛、膝痛、妊婦整体、産後の不調でお悩みの方へ。東洋医学と西洋医学を融合した不思議な整体です。骨や姿勢の歪みを内臓調整、骨格矯正、運動で身体のクセを改善させていただきます。

スポーツ障害について

スポーツ障害とは?

スポーツで生じるケガには2種類あり、スポーツ外傷(骨折、脱臼、捻挫など)とスポーツ障害に分けられます。

 

スポーツ外傷(骨折、脱臼、捻挫など)は、「足を捻った」「肩から転倒した」「足を蹴られた」など、プレー中に瞬間的な外力が加わったことにより、組織の損傷が起こるケガです。(受傷起点が明らかなもの)

スポーツ外傷では、損傷部位に急激な炎症が生じていますので、基本的に患部は安静にして下さい。

捻挫

スポーツ障害は、「練習で走っていたら痛くなってきた」「練習していたら途中から痛くなる」など、はっきりした原因は見当たらないのに一定の場所が痛くなるケガです。

 

ある一定の部位に大小の負荷量に関わらず、繰り返しの負荷がかかり続けた結果として、痛みなどの症状が慢性的に現れるようになります。

 

スポーツ障害は身体の使い方のクセによって生じるもので、何も対処せずに放置していると、パフォーマンスの低下だけでなく、症状が重症化してしまい、日常生活にも支障を及ぼします。最悪の場合、今やっているスポーツを続けられなくなったり、手術が必要になる可能性もあります。

 

上半身(顎、首、肩、肘、手)

コンタクトスポーツでは、転倒や接触時などの衝撃で顎関節症やむち打ちになることがあります。

テニス

肩を痛める代表的なスポーツは野球、バレーボール、水泳です。 野球では野球肩・野球肘、バレーボールではインピンジメント症候群、テニスではテニス肘を発症しやすいです。

首の症状が出なくなると、ゴルフのスイング軸などが安定しやすくなります。 肩・肘の症状が出なくなると、投球動作・スイング系の動作・オーバーヘッド系の動作がスムーズになります。

顎関節症

頚椎ヘルニア、むち打ち、頚部脊柱管狭窄症

野球肩、インピンジメント症候群、SLAP損傷、水泳肩、腱板損傷

野球肘、テニス肘
ド・ケルバン症候群(腱鞘炎)

体幹(腰、骨盤)

体幹は上半身と下半身の中間にありますので、全身の動き連動させる役割があります。

身体の真ん中ですので、負担が大きく痛めやすい場所と言えます。

腰椎ヘルニア・分離症・すべり症は、スポーツ選手にはよくある障害です。

体幹の動きが良いと、上半身や下半身へ力が伝わりやすくなりますので、パワーが上がります。

コンタクトプレーでは、接触しても安定を保ちやすくなります。

非コンタクトプレーではイメージ通りの動きを作り出しやすくなります。

体幹の動きは左右だけでなく前後の動きもスムーズになりますので、バッティングやピッチングなどの左右のスイング系だけでなく、バレーボールやテニスのサーブにもキレが出てきます。

野球

全身で動きを表現するダンスなどの表現力アップも期待できます。

腰椎ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、脊柱管狭窄症、ぎっくり腰、筋筋膜性腰痛

骨盤

仙腸関節炎、坐骨神経痛、梨状筋症候群

下半身(股関節、膝、足)

下半身の怪我は多いです。(特に膝)

ほとんどのスポーツで地面に足がついているからです。

走ってするスポーツは多いですし、踏ん張いないといけない場面であったり、ジャンプをする場面であったり、下半身への負担は大きいです。

最近ではマラソンブームによる腸脛靭帯炎や膝蓋靭帯炎も増加しています。

バスケットボールではストップやジャンプを繰り返すため前十字靭帯(ACL)を損傷しやすく、手術をしても再発しやすい傾向があります。

サッカーでは蹴り方によってグローインペイン症候群(鼠径部痛症候群)など、股関節を痛めることもあります。

足底筋膜炎などはランナーに多い症状です。

サッカー

まだ身体が十分に出来上がっていない学生では、成長痛とも言われるオスグッド・シュラッター病等も多くなります。

下半身のスポーツ障害は多いですが、負担がかかりにくい身体の使い方を覚えることで、再発予防にも繋がります。

股関節 グローインペイン症候群(鼠径部痛症候群)、股関節インピンジメント症候群、
太もも 大腿四頭筋拘縮
オスグッド・シュラッター病、前十字靭帯(ACL)損傷、膝蓋靭帯炎、腸脛靭帯炎(ランナー膝)、ジャンパー膝、鵞足炎、
スネ シンスプリント、脛骨疲労骨折

足底筋膜炎、有痛性外脛骨、シーバー病、モートン病、外反母趾、アキレス腱炎、第5中足骨疲労骨折

肉離れ・捻挫

ハムストリングス・大腿四頭筋・下腿三頭筋に多い肉離れ。

足関節に多い捻挫。

捻挫

肉離れや捻挫等は急性炎症なので、基本的にはアイシングして安静が一般的です。(RICE処置)

上記の方法では氷の冷たさと、重力による血流上昇によって、炎症を抑えようとしています。

当院では、炎症や腫れを少しでも早く抑えて、早期復帰できるように、徒手による血流の改善、リンパの流れを改善させていきます。

身体の状態を整えることで、回復が早くなるということです。

 

スポーツ障害に対する考え方

スポーツ障害はある一定の部位に繰り返しの負荷がかかり続けた結果として、痛みなどの症状が慢性的に現れるもので、身体の使い方や動き方のクセが原因になります。

身体の使い方や動き方のクセというのは、今までの生活習慣であったり、トレーニングのやり方、スポーツの競技特性、普段の姿勢などから出てきます。

 

オーバーユース(使い過ぎ)という考え方は間違いないのですが、例えばチームで同じ練習やトレーニングをしているのに、「自分だけが〇〇が痛くなる」っていうのは、明らかにおかしいですよね。

腰痛

どれだけしんどい練習をしていても、「全員が同じところが痛くなる」でないと、練習やトレーニングが原因とは言い切れません。

 

逆に全員までもいかなくても、複数人が同じところが痛くなるというのは、トレーニングの指導、あるいは、トレーニングそのものが間違っていると言えます。

 

「自分だけが〇〇が痛くなる」のは、自分が〇〇を使ってしまうクセがあるということです。

人間の身体の特性上、不得意(苦手)なことはやりたくないので、得意(強い)な場所を使ってしまうという習性があります。

 

そのクセを無くすためには、得意なこと、不得意なことを知ることが必要になります。

 

スポーツ障害は安静にしていると再発します!!

スポーツをして、どこか痛めた時に病院や整骨院などに行くと思います。

 

「使い過ぎで痛みが出ているので、練習は休んで安静にしておいて下さい」と言われます。

確かにしばらく安静にしていれば、痛みが引いてきます。

痛みが引いてきた時に再度診てもらうと、「少しずつ練習に復帰していっていいですよ」と言われます。

練習を続けていると、また以前と同じ痛みが襲ってきます。

 

そう、安静では当初の痛みは全く治っていないのです。

 

安静というのは、一時的にそこの部位をあまり使わないようにしているだけで、身体の使い方が変わるワケではないのです。

 

ストレッチ

痛みを引かせることは大切ですが、その痛めた原因を取り除かなければならないのです。

その原因こそが身体のクセなので、どのように使って、どういう負担がかかっているのかを分析する必要があります。

 

その分析を基に、痛めた部位に負担のかからない使い方、動き方を覚えていくことで、身体のクセが無くなっていきます。

 

小・中・高生はスポーツ障害が起こりやすい?

小・中・高生など成長期では、まず骨が成長し、筋肉が骨を追いかけるようにして身体が作られます。

転倒

この時期は骨が成長するために両端に軟骨や骨端線があります。

そのため、成長期の骨や関節は成人と違って構造的に弱くなっています。

 

そこに牽引力や圧迫力が繰り返し加わると、傷をつけてしまったり、変形しやすいため、小・中・高生ではスポーツ障害が起こりやすい構造ということです。

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL 06-7172-5978 電話受付時間 9:00~19:30 [ 土・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

  • facebook
  • twitter

PAGETOP