プロスノーボーダーの坪田 依真さんにトレーニング指導をさせていただきました(^^)/

 

さすがプロスノーボーダーというところで、はじめから関節は柔らかくて、軸も安定していました。(普段からヨガなどをしてケアをしています)

 

パフォーマンスを上げるためには、もちろん柔軟性は大切なのですが、スポーツの中で使うことができなければ意味がありません。

 

競技種目がHP(ハーフパイプ)なので、空中でのバランス・表現力(グラブ系含む)も必要になってきますので、動作の中での柔軟性が大切です。

 

必要な要素をふまえて、股関節・脊柱・肩甲骨を中心にトレーニングを実施しました。

 

Q:トレーニング指導を受けて感じたことや意見はありますか?

A:筋肉や関節を緩めるだけでこんなにも身体にいい影響があるということを実感することができたので、とてもためになりました。

 

Q:中野に何か一言ありますか?

A:将来トレーナーになりたいと思っていて、身体のことを勉強しています。またわからないことがあったらお聞きしたいです。

 

はじめから関節は柔らかくて、軸も安定していましたが、トレーニングをすることで更に筋肉や関節が動きやすくなり、身体にいい影響があるということを実感していただくことができました。

 

今シーズンは、前年度に比べて身体の疲労が減ったり、毎日滑っているとだんだん痛くなる部分があったのが、今年は痛みなく下山できました。

 

筋肉や関節が動きやすくなった結果、身体の使い方・使う部分が変わるだけで痛みが出にくくなるということは、パフォーマンスを上げることがケガの予防にも繋がっているということです。

 

 

※個人の感想であり、結果には個人差があります。成果や成功を保証するものではありません。

 

坪田 依真さん

第33回全日本スノーボード選手権 HP(ハーフパイプ)一般女子 優勝

 

コメント受付中です。

気軽にコメントして下さい。

Powered by Facebook Comments