こんにちは!

おひさしぶりです^^あやかです♪

娘が産まれてから慣れない子育てでばたばたしていたら3か月も過ぎていました;

産前ケアのおかげですっぽーんと娘を産めたお産のお話しは、これから出産を控える妊婦さんの参考になると思いますので、また後日お話ししますね!

 

今日は先日娘に会いに来てくれた36週の妊婦さんのお話し。

 

とっても元気な妊婦さんでお腹も大きいのですが、毎日階段5階を上り下りしているそうです。

 

大きな不調もなく経過も順調!

 

ということで、身体をチェックさせてもらいました。

 

パッと見た感じは一見元気な妊婦さん。

ですが、肋骨の下が痛かったり、長時間座っていると腰が痛くなることがあるそう…

 

私もそうでしたが、元気と言っても大なり小なり不調はあるもんですね;

 

娘を来てくれていたもう一人の友人に抱っこしてもらって施術開始!

 

不機嫌になる娘を横目に…姿勢をチェックしていきます!

 

こちらの妊婦さん、身体は柔らかい方で前屈すると床に手もつくし、開脚も開く方。

 

ですが、ある場所がとても硬くなっていました。

 

背中です!

 

「うわ!わたし硬いですね!全然気付かなかった!」

 

と、理学療法士であるご本人もびっくり!笑

 

お産をする上で背中の柔らかさはとても大切なので、動かしやすいように骨盤を少し調整してから呼吸・ヨガワーク。

 

凄く簡単な調整とワークをしただけでしたが、終了後は「身体が楽になった!」と^^

 

 

立ち姿勢でも突き出ていたお腹が凹んで肩の力が抜けました(^^♪

 

私も経験がありますがお腹が凹むと立ったり、歩いたりが本当に楽なんです。

 

娘がぐずる中だったので2-3分の施術に加え、ほとんど口頭でワークを伝えるという超簡単な施術。

 

こんなに超簡単な施術でも姿勢が変わることに自分でも驚きでブログ更新しちゃいました笑

 

妊婦さんはお腹に注意がいきがちで背中は忘れがち…

 

ガチガチの背中はインナーマッスルを働きにくくしてしまい、腰痛やお腹が張る原因になることも…

 

しかも赤ちゃんを産むとき背中の柔らかさはとても大切なんです!

 

あ!娘が起きたので今日はここまでです><

 

また更新しますね~(^^♪

 

 

Related Post